« 女達は呼びかける… | トップページ | (続)フランスの高校生デモ »

駅の改装

ここ何ヶ月もかかっていた大宮駅の改装工事が終わり、そろそろ2週間になる。
先日乗り換えの途中で、ホームからホームに移動するとき、改装された場所を
通ってビックリ!ズラーッとお店が並び、まるでデパートの中のようにきらびや
かな造りになってしまっていた。服飾雑貨・食品・グリーンインテリア・花屋・喫
茶・食事の店などなど。

ホームからホームへ移動する時にお客を捕まえてしまおうという作戦か。
私の隣を歩いていた大学生くらいの男性二人連れが、
「え、なにこれ?またいらないもの売ってんじゃないの?」
「たべもの屋ばっか!」
と言いつつ通り過ぎていく。

ヘエー、意外にクールなんだ!
と聞き流しつつ、私もいったんは通り過ぎたのだけれど、電車の時間までまだ
ちょっと時間があるとわかり、引き返して、グリーンインテリアの店を覗く。
覗くというより通路からそのまま店の中が全部見えるようになっているから、
歩いていればイヤでも目に入る。

照明の具合で、グリーンがひときわ鮮やかだ。そのことを考えて買わないと、
家に持って帰ったときに、「ちょっと違うんじゃない、これ」ということになりそう、
なあ~んて、買いもしないのによけいな心配をした。
アジアンタムの細かな葉が光に映えてお客さんを誘い込む。
グリーンはどこで見てもいいもんですねえ。足早に行き過ぎる人の、せわしな
い気持ちがちょっとだけ和むかも。

その日は、それで電車に乗った。
2,3日してまた用事があって出かけたときは、今度は食べもの屋をチェック。
と思ったら、何だか知らないがその日はすごく混んでいる。ゆっくり見るのは
この次にしようと思い、ザッと一渡りどんなお店があるか見た上で、とりあえ
ずチョコレートケーキを買った。

いや実は、迷ったのです。抹茶かイチゴのロールケーキにしようか、向かい
の店のチョコレートケーキにしようかと。その時後ろから、「ここのチョコレート
ケーキおいしいのよね」と女性二人の話し声。
「そうだ私も最初そう思ったのよ」と、チョコに決めたという優柔不断さと目移
りの激しさ。

で、次回は近いうちにロールケーキを。
やはり春の間に食べたいな、イチゴの赤、抹茶のグリーン、白いクリーム。
春でなくてもいいけど、春だともっといい!春のケーキという気がする。

全然関係ないけど、彼岸に供えるお菓子を、秋は萩になぞらえて「おはぎ」、
同じ物を春は「ぼたもち」という。これは「ぼたん餅=ぼたもち」なんだと最近
知った。昔の人の何という季節感あふれるセンス!

それにしてもこんなにお店がいっぱいできちゃって大丈夫かしらとも思う。
(なんだか今日は話が支離滅裂)
一歩外に出ればデパートも小売店もある。そこへ持ってきて駅の構内にも
店ができて、やっていけるのかなあと、よけいな心配もしてしまう。
確かに買い物をすれば景気は良くなるのかもしれないけれど、もう飽和状
態では?

それに買い物の誘惑があっちにもこっちにもあると、さっきの若者じゃない
けど、クールに見る目も持っていないとたいへんなことになる。子ども・若者
への消費者教育も必要なんではないだろうか。
スウィーツの前にそんな辛口の感想も、チラッと持ってしまった。

とはいえ久しぶりのTのチョコレートケーキは◎!

« 女達は呼びかける… | トップページ | (続)フランスの高校生デモ »

「たべもの」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/3349541

この記事へのトラックバック一覧です: 駅の改装:

« 女達は呼びかける… | トップページ | (続)フランスの高校生デモ »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30