« 「 Ti 」という緑 | トップページ | 女達は呼びかける… »

都立高校の卒業式

ちょっとご無沙汰でした。
インターネットのモデム交換でトラブルがあり、丸一日アクセスできなかったり
していました。日頃当たり前のようにメールをやりとりしていると、メール無しの
コミュニケーションの重要性や逆にメールのありがたみなど、いろいろ思いました。

さて、春ですね。駅や街に、卒業式の何となく華やいだような空気が流れています。
でも、ちょっと不安な空気もあるのです。報道では知っていても、現実の体験を聞か
されると、いよいよ自分にも身近な感じがします。友人のブログ読んでみてください

何のことかというと、今年の都立高校の卒業式です。先生方が、卒業式の日の丸・
君が代で教育委員会・管理職からさまざまな圧迫を受けている事は昨年当たりか
ら顕著になり、今年はさらに厳しく管理されてきたと聞いていました。

しかしそれにしても、卒業生の母親一人が、先生に思いを伝える手紙を書き、届け
る、それだけの行為すら警戒して警察まで持ち出して配布を禁じる学校は、いった
いどうなってしまったのでしょう。何を恐れているのでしょう。また、何を守ろうとして
いるのでしょう。学校は生徒自身が自分の頭で考え、心で感じることを、豊かに育
てる場であり、そうすることで初めて社会に有用な人材となっていくのではないで
しょうか。また自分自身の考えを持つことで、個人個人が生き生きと意欲を持って
学習することもできるのではないでしょうか。
管理し押しつけることで、指示に従うだけの人間を育てることは教育の名に値しな
いと思います。

折しも、日・米・中の高校生の意識調査結果が報道されています
それによると、日本の高校生は、学習意欲が低く、刹那的で、国を誇らしく思わず、
自己中心的な若者、との見方がされています。(産経新聞3/16ヤフーニュース掲載。
ただしリンクを貼ろうとしたら見つかりませんでした。)

この結果から「国(家)あっての自分」を自覚させる教育が必要であり、親には信念
調査を実施し、親を啓蒙する必要がある(森隆夫・お茶の水女子大学名誉教授・教
育行政学)んだそうです。(同上・産経新聞)

生徒の卒業に当たり、母親一人の真摯な言葉にさえ向かい合うことのできない校
長や副校長に管理される学校から、生き生きとした学習意欲や国に対する誇りを
持った高校生を輩出することは難しいでしょう。
管理を強め指示に従わせることはまるっきりやっていることが逆ですね。

若い彼等は、言葉は稚拙で勉強不足かもしれないけれど、また一見投げやりに見
えるかもしれないけれど、誰もその顔の下には意欲や希望を持っていることがわか
ります。
若い人が希望や夢を持てないとしたら、私たちおとなにはさらに希望も夢もなくな
ってしまいます。そんなのは淋しいなあ。
私が死んでもこの地球は緑のままで続いていってくれる、世界はより希望の持て
る方向へ若い人や子ども達が引き継いでいってくれる、そう思うから生きていて嬉
しいのです。夢や希望が湧くのです。

だから、おばさんはがんばるぞ!自分のために、若者と子ども達のために!
ささやかだけど、楽しく、ね。

« 「 Ti 」という緑 | トップページ | 女達は呼びかける… »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

『はるのかんたんふ』常連のみなさま、アクセスしてくださってありがとうございます。
一生の思い出に残る、卒業式や入学式が形式だけのものになってゆくのはほんとうに残念です。
その学校、その学校の特色のある式ではなく、紅白幕で覆った中、日の丸、君が代を強制した式にどのような意味があるのでしょうか。
生徒たちの作品に囲まれての式は、温かくていいとおもうのに・・・。

はじめまして。
私はSeesaaでブログをしています。
こちらのブログは、共感しつつ時折拝見しています。
今朝もコメントを入力しようとしたのですが、残念ながらメンテナンス中で送信できませんでした。

それで、事後承諾になって申し訳ないのですが、勝手にリンクをしてしまいました。もし不都合であれば削除しますので、お申し出くださいませんか?その場合メールは使っていないので、できれば私のブログへ書き込んで頂けないでしょうか(ここに記入したアドレスはシーサー(株)のもので私には届きません)。

できれば、このままリンクさせて欲しいのですが・・。勝手ばかり言ってすみませんが、どうかよろしくお願いします。

azamikoさん、子ども達の卒業式の温かい演出は親にとっても良い思い出だったことを思い出しました。
それがなくなったら、学校は本当に潤いのないものになってしまいます。そんな学校は先生達にとっても、居心地の良いはずがないですよね。

年輩でも若くても、素晴らしい先生はいっぱいいます。その先生達がせめて子ども達ともっと人間的な接触のできる学校であってほしいなあ。

PFCさん、リンクを貼って下さってありがとうございました。
こちらも後ほどリンクを貼らせていただきますね。平和つながりなんてステキです。

憲法の学習会をしたいと思って今講師の方に交渉しています。中学で憲法前文を覚えてから、私ファンなんです、前文の。それを自分たちの都合の良いように変えちゃえという一部の人の動きには、ちょっと黙っていられません。

でも根性なしだから、過激な行動は苦手で、私なりの何かができないかなあと思っているところです。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都立高校の卒業式:

« 「 Ti 」という緑 | トップページ | 女達は呼びかける… »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30