« 子どもミュージカル | トップページ | エープリルフール »

今こそ「お笑い」

今日はまさに「春~!」って感じさせるお天気だった。
それなのに、ベランダで植木鉢に水やりした以外、外に出ないで一日が終わった。
明日は絶対外を歩いてこよう。(って、雨だったりして)

さて、まもなく入学式。いや、その前に卒業式があった。もう終わったけど。
NHKで都立高校卒業式での「日の丸・君が代」を巡る教育現場の現状を取り上げて
いた。いろいろなことを考えさせられたけど、最後に残った感想は、
「卒業式って誰のためにあるのかしら?」
あれでは生徒達がかわいそうだ。

3年間の高校生活の締めくくりを、晴れやかにみんなが心から祝えるような式で
締めくくることはできないものなのだろうか。
国旗や国家で教育の場を管理することの無意味さをつくづく思う。
それに国旗や国家を管理の手段にするなんて、国旗や国家に対しても、とても失礼
なことだと思う。国旗や国家を本当に大事にしたかったら、それを「踏み絵」になんか
できないはずだ。

そう言えば昔、君が代を覚え立ての我が家の小学生が、トイレで大声で歌っていた
っけ。エ?っと思ったけど、あれでいい。歌ってそんな自由があってこそ歌なんじゃな
いかな。国家も同じ。そうでない歌わせられる歌はなんだか悲しい。

「これを国家にしたい」と思うような歌、誰か作ってくれないかなあ。多くの人が心惹か
れ、口ずさむことのできる歌。歌は心から心へ伝わる。人から人へ伝わる。それが国
家になれば無理に歌わせる必要なんかない。自然に歌うことができる。

ある都立の音楽の先生が泣いていた。心と身体を分けて、指だけで伴奏すればい
いと言われたと。「音楽ってそういうものじゃないんです。心と身体がバラバラにされ
そうで耐えられません。」そうだよね、音楽って本当にそういうものだと思う。

突然ですが、マガジン9条ってごぞんじですか?
このサイトで元吉本興業の常務取締役だった木村さんが面白い提案をしています。
私もその精神に大賛成!決して茶化しているのとは違う。人が動くエネルギーが
何かを彼はつかんで提案しています。あとは、何がそのキッカケになるかです。

« 子どもミュージカル | トップページ | エープリルフール »

「平和」カテゴリの記事

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/3501540

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそ「お笑い」:

« 子どもミュージカル | トップページ | エープリルフール »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30