見てね!「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

新聞やテレビに流れない貴重な情報を届けてくれる注目のメディアが幾つかありますが、
Our Planet TVもその一つです。この映像も、淡々と事実を伝えつつ、インパクトのある内容です。

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

これを見ると、チェルノブイリは過去の終わった出来事などではなく現在進行形の問題であり、とりわけ子ども達の病気や心身の不具合は終わる目途がなく続いている今日ただいまの問題なのだとわかります。

福島の事故の被害を少しでも小さくするために、ここから学んですぐに実行に移さなければ将来禍根を残すことにならないでしょうか?
現地の所長が言っています。「日本から政府関係者が何人も視察に来たし、早急に何をすべきかもすべて話したので、すぐに実行に移すべきです」とハッキリ語っています。でも、日本ではいっこうにそうした対応が取られたとは聞こえてきません。

むしろ実際には、原発の再稼働をしようとし、「食べ物の汚染は風評被害だ」と言われ、「強制避難区域は解除」され、母親達が心配しても、「安全だから計る必要はない」と言われてしまいます。

チェルノブイリの汚染は福島よりひどかったとしても、政府の後押しで子ども達を保養に行かせたり、安全な給食を出したり、半年にいっぺんの定期検査など、細やかな対応がされています、少なくとも、被害の事実を認め、少しでも被害を減らすために対策をとろうとしています。

被害の事実を認めて一刻も早く対策を取るが取らないかは、その後の安全性に大きく影響します。
<事実を認め、対策を取ること>今、日本に一番欠けていることがこれです。

だから復興に弾みがつかず、人々は不安に駆られたまま日々を過ごし、不安を隠すために気持ちも言えない状態が続いているのです。現状では子ども達に被害が出るまで放っておくのと変わりません。甲状腺検査の最初の結果が出てから、次は2年後まで検査をしないなんてありえないでしょ?!

朝日新聞「吉田調書」=福島原発吉田所長への聞き取り

「美味しんぼ」の鼻血問題を見ても、放射能汚染の問題が決して収束していないことがよくわかります。問題がなければ、こんなに騒ぎになることもないはずです。

福島のお母さん達が実際に自分の子どもで体験した「鼻血」まで否定されてしまうのはどう考えてもおかしな話です。
私が当事者だったら、本当に悔しいです。
事実を無かったことにされてしまうのと同じですから…。

折しも、、朝日新聞では福島第一原発所長の故吉田昌郎氏の聞き取り(政府事故調査委員会が28時間に渡って聞いたもの)の一部をweb公開しています。
途中にはさまれた3号機の爆発時の音声を聞くだけでも、当時の事が思い出されて、決して風化させてはいけないと改めて思います。

朝日新聞の特設ページ
ページをスクロールしていくと、ラジオ音声にリンクできます。

事故後の3号機の写真も、今改めて目にすると、事故のすさまじさに言葉もありません。
これで大丈夫だなんて……。
再稼働などとんでもない!と怒りが沸々と・・・。この怒りは忘れてはならないと思う。

朝日の記事にもありますが、政府事故調の追求の甘さが、その後の原発ムラが息を吹き返した原因でもあります。今現在も、これだけの貴重な資料を全面公開しないと言っているし・・・。
ゾンビのような原発ムラに負けず、ねばり強くいろんな形で意思表示していきましょう。

許さない!「集団的自衛権行使」

安倍首相は、日本を戦争のできる国にしようとしている。

そして戦争をしたがっている。

止めなければ!

安倍首相は今日の記者会見で、集団的自衛権行使に道を開こうと意欲を示しました。

一方、官邸前には反対を表明する人たちが続々集まっています。ツイッターには呼応する声が溢れています。この様子は、テレビでは流されていませんが、ツイッターのタイムラインを眺めているだけでも、今この国がまさに平和憲法を守れるかどうかの瀬戸際に立たされていることがヒシヒシと伝わってきて胸が苦しくなって来ます。

ツイッターに、「安倍の解釈によって人生変えられてたまるか!」とのつぶやき。
まったく同感です!!

NHKのサイトで意見募集中、バッチリ送りました。ニックネームのみで送れます。

5月16日(金)10時30分~11時13分NHKスペシャル

「集団的自衛権を問う」(仮)ページ右下の意見募集からどうぞ。

戦争は、始まるときはあっという間に始まってしまうのだと思います。止められるうちに止めなければ・・・。
ぜひ、それぞれのできる手段で声を上げていきましょう。

友人知人に広げてください。よろしくお願いします。

学生達がデモ!秘密保護法反対で。

本当に長い間ご無沙汰してしまいました。
何とか生き延びております。

それにしても、世の中の流れの早さと、信じられないような急速な右傾化にやりきれない思いでいます。

この間、時折、イベントや講演会に参加してはいましたが、政権の暴走ぶりに立ちつくすような絶望感すら覚えそうになることも・・・。

特定秘密保護法成立、原発再稼働への軌道修正、集団的自衛権行使の容認、武器輸出三原則の見直し、教育委員会の弱体化、竹富島への教科書押しつけ、消費税の増税と法人の復興特別減税廃止、国会議員歳費の20パーセント減額廃止などなど数え切れないくらい重要なことが矢継ぎ早に変化しています。大事なことをしっかり議論を尽くさずに自分たちの意のままにしようとする。そのことに憤りと恐怖を感じずにいられません。

憲法前文にもあるとおり、国会議員は国民の「代わり」に動くのであって、いわば「国民の手足」です。手足が勝手に自分たちの意のままに国を動かすなど許し難い暴挙だと思います。

折しも、今日は憲法記念日。
表現の自由を保障した憲法の下、声を上げ始めた若者(大学生)達のこんな動きがありました。

最初は「デモと言えなくて、友達に<イベント>と言った」と告白する山本君。スピーチの最後には「これはイベントではなくデモだ。僕たちの声を上げよう」と頼もしいメッセージ。素直に正直に、自分の言葉で語る「告白」がしっかりと胸に響きます。

若い人が立ち上がってくれると頼もしいですね。応援したいです。

      

「普通に友達にデモに行くって言いたい。
みんなと仲良くしたい。

ビビっているけどちゃんと言いたいことがあります。
それは、これはイベントじゃないと言うこと。
これはデモだということ。
デモはかっこわるくないということ。
間 違ったっていい。思考し続けていくことがかっこいいんだっていうこと。
これはみんなと心を通わせるアクションだということ。
ここに僕らの現実があるんだっ ていうこと。

八方美人の僕だけど、みんなと思考していきたいっていう気持ちは負けないし、このみんなのエネルギーは否定させない。そう自分に言い聞かせなが らいつもやってます。

そんな告白です。
ありがとうございます」

特定秘密保護法に反対する学生有志の会

2014年

あけましておめでとうございます!

すっかりご無沙汰しています。
年も改まって、あれよあれよと言う間に2014年ですね。

「2001年宇宙の旅」という映画がありますが、映画が発表されたのが1968年だそうですから、当時から見たほぼ40年後はまったく想像の世界だったはずです。当時高校生だった私からは、2000年の世界がどうなっているかなど、遙か遠い世界の話でしたから。

その2001年もとっくに過ぎて、もはや過去のことになってしまいました。映画では宇宙船が木星を往復する話になっているのですが、当然のことながら現実世界は夢物語ではなく、宇宙開発は今や、商業や利権、宇宙兵器というキナ臭い話も含んだ複雑な様相を呈して進行しています。

でも、本来宇宙への夢が広がるとすれば、そこに夢や希望が託せればこその話でしょう。宇宙開発が新たな兵器の開発や一部の強者の利権の拡大にしか結びつかないとしたら、夢も希望も持つことができません。悲しいことです。

科学が発展すればするほど、人間が賢く使いこなすことができるかどうかを問われているけれど、人間は科学の進歩ほど急速に進歩してはいません。時間に追われて、今日のこの日を精一杯走っているのが実際のところで、立ち止まってゆっくり考えたりする暇さえないような現状ですから。

昔が良かったなんて簡単には言えませんが、ゆっくり歩く良さもやっぱりあったような気がします。ゆっくり歩かないと見えないものもあるはずですし・・・。

何が言いたいのかまとまらなくてすみません。
2014年を改めて考えてみて、ふっとこんなことが浮かんだ次第。

人生60年と言われた頃は、もっと時間がゆっくり流れていたのかもしれません。もちろん感覚的なものですけれど。
今では人生80年と言われますが、時間の流れが昔よりずっと速く感じられるのならば、感覚的な一生の長さは人生60年と変わらないのかもしれません。

きっと、その時々をどれだけ濃密に味わって過ごせたかによって、時間の長さに対する感覚も違ってくるということなのでしょうね。無心に遊び回っていた子どもの頃の一日は長かったし、小学校の6年間も長かったなあ。

ということで、子ども心を取り戻せる年にしたいです!そして無心に一生懸命取り組むことができたら素晴らしい。(←願望)

あいかわらず、このブログ、たまにしか更新できていないですし、たいしたことも書いていませんが、もしよかったらお時間のあるときに覗いてみてくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

12月5日、国会前

131205_135302 ご無沙汰しています!

。。。。。。。。。。。。。

一昨日の秘密保護法案の成立にはガッカリしました。夜中までネット中継で国会審議を見ながら、こんな大事なことを中継しないマスコミはホントに「マスゴミ」だって思いながら・・・。前日の5日には矢も楯もたまらず、とりあえず国会まで行きました。

写真は、12月5日の国会(正面)に向かう地下鉄出口付近です。

銀杏がきれいでした。

。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。

(写真はクリックすると大きくなります)20131205a_2
午後1時、まだ人影もまばら。

車も少ないし・・・。

。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。

131205_141301 2時を過ぎたあたりから、だんだん人も集まってきました。

国会正面の舗道上では、ドラムや楽器でシュプレヒコールを先導しています。

でも、そこだけに人が固まらないように、舗道上にはロープが張られ、機動隊が整理しているので、後から来た人は歩道に沿って行列のように並ぶしかありません。

私は先に到着した友人二人と合流して植え込みの囲いの石に腰掛けていたのですが、せっかく来たので思い切り声を上げたくて、ズルズル、ズルズルと前に前にと進んでしまい、とうとう先頭まで行って声を張り上げていました(単独行動許されたし。ゴメン、Aさん、Sさん!)

。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。

20131205b



法案は成立してしまいましたが、運用はまだ半年とか一年後とかになるそうです。また、不備だらけの法律なので実際に運用するとなると現場では様々な混乱が予想されるそうで、いろいろな方法で欠陥を指摘しつつ廃案に持って行きたいところです。

大体、平和主義かつ表現の自由を保障した憲法に抵触するような法律が、なんで成立するのか不思議でなりません。インチキだらけの法律であることは法律家の方達の指摘を幾つか読むとすごく納得です。

現在は情報の大半がデジタルであるにもかかわらず、特定秘密保護法は紙媒体の情報を取り締まる内容にしかなっていないそうです。そんな不備だらけの法律をなぜこんなに急いで制定したのか、その理由がむしろ知りたいところです。今隠さなければいけない、何か具体的な重大情報があるということなのでしょうか?

いずれにしても、「嵐」はおさまったわけではありませんよ。安部さん。

昨日、安部首相が官邸の外の「嵐」が静かになったと言ったとか。いえいえ、嵐の前の静けさですよ。このまま日本が戦争のできる国になるのを、みすみす見ているわけにはいきませんから。そう、ここからがスタートです。

お久しぶりです!

本当に長いことご無沙汰してしまってすみませんでした。
この間、ブログをご訪問くださった皆さん、ごめんなさい。

何と9月から更新していませんでした。今さっき見たら、途中10月の半ばに書きかけた日記がそのまま残っていました。せっかく書いたのですが、何だか賞味期限切れのようで今さらアップするのもどうかと思い、改めて書くことにしますね。

夏の終わりから一昨日までの間に、折々で撮った写真を並べてみました。

130921_130601 近所の公園で。

久しぶりにやってきた孫(手前の二人)と遊ぶ。

「鬼ごっこしようよ~」と誘われ、「よ~し。つかまえるぞ~!」と張り切ったはいいが、ハーハーゼーゼー息切れが…。

砂遊びに興味が移ってくれて助かったー。



1309c 翌日、明日から学校が始まるので、パパママと車で帰らなくてはなりません。

その前にもう一回公園に行きたいというので、パパ、ママ、妹、弟と一緒に朝のお散歩にやってきました。

「帰る前にバアバと写真撮ろう?」と声を掛けると、「まだ帰りたくないー。もっと公園で遊ぶー」と、顔を隠してスネオになっちゃったんです。妹の方はケロッとしてもう帰り支度、その下の弟はまだ赤ちゃんだし・・・。お兄ちゃんが一番パパママを手こずらせていました。

バアバとしてはこういうとこがまた可愛いなって思えちゃうんですよね。これ、自分が親の時は、絶対にこんな余裕を持って見ていなかったですよ。「ナンデ、キミハ ココデ ゴネルノカ?!」とため息とともに、ウンザリしていたに違いないです。

とまあ、そんなこんなで終わった夏でした。

やがて、、、、

131006_155601

キンモクセイの香りが漂う季節になり、(道路沿いの見事な大木。香りもゴージャス!)

131014_153102

ベランダのバジルにも花が咲き、来年まで新鮮なバジルとはお別れです(バジルは新しい葉を次々に摘み取って料理に使いますが、花が咲いたらその年はおしまい)

131103_182301 こちらはつい数日前、あるコミュニティ施設のレクレーションホールで。二面が鏡とバーレッスン用のバーが付いていて、なかなか素晴らしい設備でした。

ベリーダンスエクササイズの講師をしている友人に誘われて、エクササイズを体験してきました。ベリーダンスの動きを生かした体ほぐしなどいろいろ教わり、最後は、ベリーダンスのあのジャラジャラ鳴るベルトを着けさせてもらって、振りも少しだけ教えてもらいました。

おお~、エキゾチックな雰囲気~!

友人のサマになっているポーズが何ともステキ。私のはサマにならな いばかりか、体のあちこちがギコギコいいそうで何とも…。とはいえ、心身共にスッキリとして気持ちが良く、楽しいひとときを過ごせました。やっぱり体を動かすっていいですね。特に、上手な体の動かし方を指導してもらうのは、とても有意義だと思いました。特に現代人には必要なのかもしれません。

ということで、駆け足で2ヶ月分のご報告でした。こんなに間を空けずに書きたいですね(願望!)

IWJ、独立系メディアに注目

いきなりですが、、、、、

IWJ (インディペンデント・ウエブ・ジャーナル)をご存じですか?

IWJは、独立系メディアとして、既存メディアにない機動力と市民目線のスタンスで、日本全国津々浦々に出かけ、ホットな情報を届けてくれます。

一切スポンサーが付いていないので、市民の会費とカンパだけが頼りです。年中金欠病に陥っているみたいです。会員が5000人を切ると、機動力が落ちて記者を回せなくなるそうで、しょっちゅうツイッターに、代表の岩上さんから、「5000人を切ってしまいました。現在4×××人です。どうか会員登録を!カンパを!」と悲痛な訴えが時々、タイムラインに流れてきます。

というわけで、今日は皆さんにもご案内させていただきます。
また、ご覧になってよろしかったら、カンパや会員登録にもご協力お願いできればと思います。

私自身、今まではカンパしただけだったのですが、先ほど会員登録をしました。登録した月は無料試聴期間になるそうです。

しがらみと利権に縛られた既存メディアが流す情報を、ただ受け取るだけではなく、必要な情報を自分で入手していく時代になったのかもしれません。
そして、その大事な情報を得る手段もまた、市民自らが支えていくことが求められているのかなと思っています。

<本日のイベント>
今日(9月14日・土)17:05~18:45は香港フェニックスネットとの共同配信による、日中討論会が中継されます。

事前のアンケートで皆さんからの意見も募っているようです。中国からは多くの回答が寄せられているそうですが、日本は1000ちょっとくらいです。こちらも覗いてみてください。

一枚のポスターから

ある日、イスラエル人のグラフィックデザイナー、ロニー・エドリーさんは娘さんを抱っこして「I  heart  you」と入れたポスターを作りフェイスブックに載せました。翌日フェイスブックを開いたロニーさんの目に信じられないほど多くのメッセージが寄せられていました。中にはイラン人からのものもありました。

ロニーさんによると、ふだんイスラエルの人はイラン人と話す機会はまずないそうです。一方、イランの学校では、生徒がダビデの星(イスラエル国旗の真ん中に描かれている星)を踏んで校舎に入るのだそうです。

これほどまでに敵対しているイスラエルとイランの人達に、ロニーさんの「I  heart  you」ポスターはあっという間に広がって、やがて世界中で共有されるようになりました。

私の拙い説明よりも、ロニーさんのプレゼンをお聞きください。
下記サイトからどうぞ。

TED  Ideas worth spreading

戦争は国家が起こすもの。

市民は誰も戦争したいなんて思っていません!

自衛隊の歌姫とマーチングバンド

  youtubeの埋め込みに挑戦してみました(大げさ!><)。
以前にもやったことがあったはずなのですが、すっかり忘れていて苦心惨憺・・・。
女性自衛官の美しい歌声をどうぞ。

   

   日章旗は海上自衛隊の旗の一つだそうですが、どうしても戦争を想起してしまい、私はやっぱり苦手です。もちろん、私は戦後生まれなので、実際に日章旗が記憶の中にあるわけではありませんが、子どもの頃に見た戦争映画(フィクションも記録映画も含め)では、度々お目に掛かったものですから・・・。

日章旗には怖い記憶があります。戦争とは切り離せません。右翼のデモなどで若い人達が掲げているのを見たりすると複雑な気持ちです。下のマーチングバンドでも、日章旗が見えますね。

三宅由佳莉さんの歌声は素晴らしいし、自衛隊の隊員の方達にも平和のための組織であってほしいので、旗はともかく、平和憲法を逸脱しない組織であってほしいのです。その意味で、安部政権の最近の急激な右よりの政策が気がかりでなりません。

たとえば、米軍の海兵隊と海上自衛隊(陸上自衛隊も)との合同訓練も実施されています。米軍の海兵隊は攻撃部隊です。真っ先に敵地に乗り込んで襲撃するのが役目の部隊です。なぜ専守防衛の自衛隊がその攻撃部隊と一緒になって訓練できるのか、単純に疑問です。

リムパック(世界最大規模の海上合同訓練)においても、海上自衛隊は従来、救難訓練部分にだけ参加してきたそうですが、最近は陸上自衛隊も加わり、中国との領土問題を睨んで、島に上陸した時を想定して合同訓練しているのだとか・・・。

防衛から攻撃へと、こうしたことがなし崩しに当たり前になってしまうのではないかと危機感を覚えます。これはもっと厳しく問われて良いことなのではないかしら?

私の父は海軍所属でした。撃沈された駆逐艦から九死に一生を得て生還したのですが、言葉にできない辛い体験は、生涯を通じて父の脳裏を離れなかったようです。

自衛官の皆さんを始め、若い人たちの誰にも、二度と父のような辛い思いをしてほしくありません。平和憲法を持つ国の専守防衛組織として、マーチングバンドで、誇りある平和な行進を続けてほしいのです。

 

    

«ネット試聴:ビナードさんの講演

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30